閑話小話 375 ゆっくりのんびり DE10

皆さま おはようございます

梅雨明けしそうな天候ですね~
夕方のスコールのような雷雨は毎年見られるようになり、温暖化が進行していることに気付かされます。ザザっと一雨降ってくれると涼しくて気持ちがいいですけどね!しかし、もうちょっと加減してもらいたいものです(苦笑)

さて今回ですが、国鉄の汎用型ディーゼル機関車DE10であります。
ローカル線区での客車牽引やヤード内で入れ換え作業を行う目的で開発された中型機です。

シンプルな原色のDE10 小さくても力持ち

DE10

1960年代に700両も製造されたのですね。大型機DD51とともに蒸気機関車を置き換え、動力近代化を促進した名機であります(蒸気ファンの敵とも聞きます・・・)。1950年代は入れ換え機としてDD13が運用されていましたが、SG非搭載、4軸、軸重に難があり入れ換え機としても客車牽引にも不足があったようですね。そこで、先に運用が開始されていたDD51と同じエンジンを1機搭載し、保守性の向上と軽量化を図ったDD20が誕生しますが試験結果は良くなく・・・その辺りを改善したのがDE10なんですね

牽引性能と汎用性を両立させた中型機です・・・大型機開発では考えられない設計の苦労があったかと思います。5軸で粘着を稼ぎつつ13t級の軽軸重を実現し、軸重制限のあるローカル線区でも活躍しています。なんと民営化時には、国鉄が開発した機体で唯一JR7社全てに継承されたのです。それだけ汎用性が評価されていたということですよね。最近では客車運用が減りましたし老朽化したDE10の置き換え用に、電気式ディーゼル機関車DD200に置き換えが始まっております。このDD200は4軸ですが、エンジン1機とモーター4機を搭載し、少し長いが軽くスピードも出せる汎用性の高さはDE10譲りと感じる傑作機となりそうです。

模型はTOMIX・KATOより

両車ともに製品化されていますのでお気に入りの1機を見付けてください。小さな機体ですが、全軸駆動でトルクフルなTOMIX、軽量・低重心に見えるボディと黒染め車輪がカッコいいKATO、どちらもオススメしたいですね。長編成牽引ならTOMIX、逆に短編成ならKATOとしてもいいかもしれません。

当区については、入れ換え機としてTOMIXの貨物更新機が1機と、「あけぼの」牽引用としてKATOの原色が2機在籍しております。TOMIXが入れ換え用と言いましてもヤードがありませんので(笑)、本線で運用しています。KATO機は重連運用ですが、次位の機体にはライトスイッチがありませんのでビニールテープを重ね貼りして遮光しています。片側にのみチップLEDを搭載した基板があってもいいですよね。

TOMIX機はコキ*10両、KATO機は24系9両(室内灯・エヌ小屋搭載)を難なく牽引します。

更新機1000番台がコキを入れ換え

DE10各種! お求めはコチラ


エンジンの唸りが聴こえてきそう

汎用性が高く数多く製造された機関車ではありましたが、1エンジンであることなど故障時のバックアップが考慮された設計ではなかったこと、台車が特殊な仕様であったことから譲渡先は限られたようで、他事業者で前世代のDD13が長く使われたのは、DE10を保守する体制が取れなかったためと聞いたことがあります。若しくは国鉄・JRの工場に入場させていたようですね。開発時、当時国鉄が満を持して投入したDE10ですが、新技術や拘りを投入したことでメンテナンスの点では少々扱いにくい機体となってしまったようです。

模型も小さな車体だけに繊細さを感じます(特にTOMIX)。
味のある機体だけに何を牽かせても似合いますので、コキ長編成など牽かせてみたくなりますが・・・ほどほどにした方が良さそうです。ゆっくりのんびり運用するのがDE10らしさでしょうね!

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに~

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

タイトルとURLをコピーしました