閑話小話 92 205系 ジャカルタで第二の「車生」を

皆さま おはようございます

梅雨入りだそうですね~
昨日は強い南風と雨で鬱陶しい天気となりました。結構大粒の雨でしたので濡れた方も多いのではないでしょうか。今日も雨が残るようですし蒸し暑いでしょうね~・・・。

さて今回ですが、インドネシアはジャカルタに輸出されている205系についてです。地元路線の主力電車が配給・甲種で千葉(前は新潟)に輸送されるのを見掛けています。千葉港からまとめて船便で運ぶんですね。

インドネシア通勤鉄道会社(KCI)

手前の屋根が浮いてました・・・

JR東日本は武蔵野線用205系の全車をインドネシア通勤鉄道会社(KCI)への譲渡を発表しています。これまで何度も100数十両単位で譲渡されていますが、今回は何度目なんでしょうね。JR東日本担当者お手製による表示幕には「ジャカルタ行き」の文字だけでなく背景も描かれているので気持ちが伝わってきますね。

現在KCIでは1000両近い日本の中古車両が所属しており、半数は205系が占めていますが今後さらに増えていくことになるでしょう。205系に限らず赤と黄に塗装されたJR203系、メトロ6000/7000系、東急8000/8500系も活躍しています。205系の輸出も一時期は落ち着いていましたが、ここ最近はE231系の武蔵野線転属に伴い該当205系の輸出が続いています。つい先日も蘇我(千葉港)に向け配給がありました。

JR東日本とは車両の譲渡だけでなく車両保守などの技術指導、駅設備改良や、案内の充実によるサービスアップが図られているのは包括的な協力があったからですね。車両は譲渡といってもタダではなく格安な有償譲渡となっているようです。しかし輸送費など経費を差し引くと粗利があるように思えません。なぜ支援するのか・・・譲渡後のメンテナンスに商売があるんですね。JR東日本品質(良いか悪いかは別)によるメンテナンス、改造、部品供給、技術支援を行っており、定期的な保守で稼いでいるんですね。

しかしながら、インドネシア政府の方針により中古車両の導入が禁止になるかもしれないとのこと。武蔵野線用205系の全数が譲渡し終えたとしても、しばらくは検査のために入場してくるので仕事が終わることはありません。いつかは新型車で譲渡車両を置き換える日がくるのでしょうが、その新型車もJR東日本が関わることに期待しています。

模型は両メーカーより

幌がつくと雰囲気が良くなります

地域限定で地味な路線かと思っていましたが、ジャカルタ行きで有名になってしまいましたね。地元だけに嬉しいことです。お陰様で模型もTOMIX・KATOの大手2社から製品化されているので助かります。ましてTOMIXが205系山手線をやりますから武蔵野線にも期待しているところです。しかもE231系で配給セットを出すんですよね・・・ジャカルタ行きもやりますよって言ってるようなもんではありませんか!(笑)

当区の武蔵野線は205系がKATOですから統一して揃えてきました。E231系もKATOから出てくるのを待っているところです。総武線はやりましたから期待してるんですけどね。
205/209系ともに純正室内灯を仕込んでいますが、205系は設計自体が古いので最新型とは見劣りしますが、中間の幌や運転席と客室の仕切りを追加しGUを図っています。ヘッドライトが暗いのでここは要改善ですね。

このあたりが改善されたのがGM製でありますが、高額なので手が出しにくいんですよね。KATOのに手を加えられたらと考えてしまいます。

205系には仕切り板(103系用)を入れています
旬な武蔵野線? お求めはコチラ

地元で活躍した車両が遠い海外で第二の「車生」を送っているかと思うと嬉しくなります。JRマークは剥がされましたが(メトロ車にはロゴは残っていた)、銘板や広告はそのままなようですのでジャカルタの人達が「Made in Japan」を感じてくれたらいいですね!

205系が終わるとE217系が、次いで209/211系が出てくると思います。海外譲渡があるのか分かりませんが動向には注目しておいた方が良さそうですね。

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに~

情報そろってます

鉄道コム  https://www.tetsudo.com/blog/
ブログ村  https://railroad.blogmura.com/railroad_mokeingauge/
ブログランキング  https://blog.with2.net/rank2294-0.html

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

  1. クモハ489-901 より:

    おはようございます。
    今現在強雨です。うっとうしい季節の始まりですね…。
    ようつべなどで、ジャカルタの205系の活躍ぶりを見ていますが、ジャカルタの自動車通勤ラッシュは深刻な問題だそうで、進まない道路はクラクションの嵐だったそうです。インドではあまりにも人々がクラクションを鳴らすので、騒音が大きいと信号が赤から変化しないそうです。(笑)
    広い車内、冷房完備、メンテナンスフリーの電車ですから、利用度も上々のようで。
    同時に「日本人は電車を大切にしていた」も輸出でき、技術だけではなく、「心」も大切なんだなぁ。
    と感じました。

    • クモハ489-901さま

      おはようございます
      コメントありがとうございます

      海外で活躍する車両は新車とは限らないんですよね。
      まして見慣れた型式が走ってるなんて感慨深いですよ。
      日本人の心までも伝承できたら最高ですね!

  2. 南武蔵野線 より:

    武蔵野線の205系もあと僅かですね。
    府中本町の引き上げ線からその姿が消えるのは寂しい限りです。
    一方模型は後発のTOMIXからの追い上げが楽しみですね。
    まずは山手線からは大道だと思いますが、次がどの線になるかがとても楽しみです。
    個人的には、総武線、京浜東北線、東海道・山陽線辺りが来ると面白いと思っています。

    • 南武蔵野線さま

      おはようございます
      コメントありがとうございます

      TOMIXの「追い上げ」には期待しています。
      山手線は鉄板ですが、関西系は面白いかもしれませんね!
      大穴に武蔵野線配給・・・楽しみですね(笑)

タイトルとURLをコピーしました