Nゲージ 1951 TOMIX E259系 成田エクスプレス グレードアップ その2

皆さま おはようございます

11月だというのに生暖かいですね~・・・
秋らしいキリっとした空気が欲しくなったりませんか?ぼちぼち恋しくなりますね。

さて今回ですが、TOMIX E259系 グレードアップの続きです。
座席塗装が佳境です。

JR東のスタンダードになった車体

シックな車内を再現したい

窓ガラスパーツの着色が濃いことと室内灯を搭載しなかったため、座席パーツがライトグレー1色だったことを初めて知りました。実車の普通車は、黒系の座席に赤いヘッドカバーをあしらい、床はグレーの市松模様です。それっぽいタミヤカラーで再現してみますが、座席はNATOブラック、床はライトグレイ、ヘッドカバーはガンダムマーカーのガンダムレッドで施しています。グリーン車は、こげ茶の革張りシートでしたでしょうか・・・ちょうどいい塗料がなくハルレッドにしましたが赤が強いようです。グリーン席は拘りたいところなのですが、M車だけに座席パーツが簡素なものなので再現しにくいのが残念です・・・ここは致し方ありません。

シックな車内になりました
灯りの雰囲気も良き

室内灯は自作品にすると決めたものの、そのままではギラギラしますので、mtマステの青鈍(あおにび)色をテープLEDの上に貼り付けて調色しています。濃いめの着色ガラス越しに灯りを見てみますと、かなり暗くはなりますが良い雰囲気になったかと思います。しかし、昼間の明るい部屋では灯りが見えないでしょうね・・・実車っぽくていいのではないでしょうか。ま、座席の色味は分かりますし、雑になってしまった赤いヘッドカバーが目立ちにくくなって良かったです(笑)

お求めはコチラ 高速走行を楽しみましょう

成田エクスプレスらしく仕上げたい

床下に設置された空調機はフラットアルミで塗りました。筆塗りではムラが出てしまうのですが・・・走らせれば分からないでしょう。黒い床下の良いアクセントになりました。ファン部分くらいはウェザリングしてもいいでしょうね!先頭車の台車には排障器があった方が・・・ちょっと気になってしまいました。

このTOMIX E259系ですが、自作室内灯を取り付けるにあたって全バラしましたが、パーツ構成が面倒なタイプだったことと床下パーツの反りがあり難儀しました。まだ1編成6両が終わっただけなので、もう少し頑張らないとです。

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに~

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

タイトルとURLをコピーしました