Nゲージ 1960 KATO 789系1000番台 グレードアップ

皆さま おはようございます

金曜は久し振りに忙しく土曜の更新が間に合いませんでした・・・
この土日はお休みいただいておりますので、土曜の午前中はゴロゴロさせてもらい午後から作業を開始しています。いつも座席塗装ですね~

今回はKATO 789系1000番台「カムイ」の座席を塗ってみます。

塗装はグレイとブラウンのみの5両で楽でした

シャープな印象の789系特急電車

ステンレスボディが特徴の789系1000番台です。高運転台の特急型電車でシャープな印象を受けますよね。実車の車内は普通席もuシートも茶系の座席で且つ、照明が電球色のため柔らかな雰囲気です。外装がシャープなだけにこのギャップがたまらないですね!

床はいつものタミヤカラー佐世保海軍、座席は普通席をハルレッド、uシートはフラットブラウンを筆塗りしました。ヘッドカバーはペイントマーカーのホワイトを挿しています。艶がないほうが座席モケットの感じが出るかと思い愛用しています(錆の色ですけどね)。マーカーで四角く塗るのが難しいのですが、走らせれば分からないと割り切って雰囲気重視としています(笑)

灯りの違いが分かりますか?

室内灯はKATO純正のクリア白色です。
導光板にベージュのマステを貼って柔らかい灯りを狙いました。茶系の座席が影響すると見込みましたが効果が薄いようです・・・。なお、uシートは室内灯同梱のオレンジフィルターをかませていますが、こちらの方が色味が近かったですね。しばらく様子見でこのままでいようと思います(気が変わるかもしれませんし)。何度も書いていますが、座席の色によって灯りのイメージが変わるところが、室内灯工作の面白い・難しいところです!

お求めはコチラ まだありますよ~



塗装のきめ細やかさと各パーツの取り付け精度の高さはさすが

さすがKATOですね。ピシっと精密な仕上がりです。
室内灯を固定する切り欠きや、ボディをを取り付ける際に向きが分かる矢印などユーザーフレンドリーさがありがたいです(矢印はTOMIXが先ですが)。シルバー塗装のきめ細やかさも最高です。この形式は以前マイクロエースのを所有していましたがKATOに乗り換えて正解でした。薄っぺらいトイレタンクはRailroad Model Rさんのに交換したくなりましたが、改めて素晴らしい出来だと再認識しました。

Rail Gardenに持ち込んで近郊な雰囲気を味わってみたいです!

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに~

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

タイトルとURLをコピーしました