Nゲージ 1975 TOMIX 415系 常磐線(赤電) グレードアップ その2

皆さま おはようございます

金土をお休みをいただきました。
今日は日曜ですが面接会場として利用がありますので出社しております。始まってしまえば特にやることもなくなるのでノンビリしていようと思います(笑)

さて今回ですが、作業デスクに放置されていた?!415系(赤電)を仕上げましたので記事します。

赤電にするならこの貫通顔ですよ E531系はちょっと・・・

ローズピンクは交直流両用の証

交直流電車401系が常磐線に新製配置されたのは1960年代のことでした。交直流電車の標準色としてローズピンクが採用され、1983年のイメージアップまで国鉄らしいこの塗装を保ち続けました。

TOMIXとマイクロエースが製品化している赤電ですが、当区に所属するのはTOMIXの方であります。以前に(昨年12月のことですが)座席塗装をはじめましたが、塗り分けが面倒で気分が乗らず・・・作業が中断しておりました。座席モケットの色が青なのか赤なのか迷っていたのもあるのですが、なんとなくですが赤でいいだろうと決めて作業を再スタートしました。他の車両をやろうと思っても415系が作業デスクで場所を取っていたのでできなかったのもありますけどね(笑)

座席モケットは赤にしました
クハ411-200にはトイレタンクを取り付け

床をライトグレーでベタ塗り後、座席を紅色で筆塗りしました。乾燥後にボックスシートの縁に再度ライトグレーを入れています。はみ出した箇所はグレーを重ね塗りし整えて完成です。文字にすると2行ですが、紅色が綺麗に発色しなかったので2度塗りしたり、ハミ出しの修正を何度か行っていますので、ここまで結構時間が掛かりました。精密に塗っても走らせれば見えませんし、筆塗りのムラが味になるかと思い、作業のやり方に大きく拘りはしませんでした(いつものことですが・笑)。

お求めはコチラ

新塗装との並び 常磐線が赤から青に印象が変わった

室内灯はテープLEDによる自作品を継続使用です。国鉄型らしく少し電球色な色味の方が実車っぽいのかもしれませんが、模型的に真っ白な灯りが似合うように感じましたのでそうしています。赤いシートが映えるように思いました。

乗務員室の大きなライトケースが残念ですね・・・
古いタイプの製品ですから致し方ないのですが、リニューアルして欲しい箇所であります。新ロットの115系300番代がスリムなライトケースになっていますね!パーツのみ入手するのは難しいでしょうけど・・・いつか415系に搭載されることを期待しています!

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに~

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

タイトルとURLをコピーしました