Nゲージ 2009 TOMIX DD51-1000 再調整

皆さま おはようございます

5月にしては連日涼しくて助かります。今週あたりから不安定な天気が続きそうですが、今年の梅雨入りは早いらしいですよ・・・明けるのも早いのでしょうか?猛暑酷暑が長くなるのは勘弁して欲しいです。

さて今回ですが、TOMIX DD51 原色を出してみました。
国内生産になった新ロットではありませんが・・・「さよなら出雲」機はお宝ですので手放せません。単機でも重連でも楽しめるよう整備をしておかないと、ですね。

橙の原色重連で24系を牽引 赤いHMが映えます

TOMIX DD51-1000 後藤機

あいにく新ロットではなく直前の旧ロットであります。1186号機は「さよなら出雲」機でありまして、米子ではなく後藤車両所の「後」の札が入った機体です。ブルトレ牽引機として流れ星の札と2つ並ぶ姿にはグッとくるものがありますね。

TOMIXの機関車と客車ですから基本的にTNカプラーで連結させるのですが、DD51用のTNカプラーはガッチリ連結できる安心感はありますが、車間を詰める意味では腕が長いために納得のいく車間にすることができません。先頭に持ってきたときに前に突き出たTNカプラーに萎えることも。そこで、Re-Colorさんのカプラーアダプターを使ってKATOナックルカプラーに置き換え車間短縮を図ります。痒いところに手が届くいいパーツを出してくれたものです(以前、北海道機に取り付け確認済み)。

ではどの位置に取り付けるか。重連でも単機でも運用するのでTNカプラーとの連結を考慮せねばなりません。先頭のヘッドマーク取り付け側は連結を無視してリアリティ重視でいいですね。旧ロットはダミーカプラーの設定がありませんので・・・GMカプラーを取り付けました。客車と連結する側はTNもカトカプも両方いけるSINKYOを取り付けています。次位の進行方向側はKATOナックルです。

HM側はGMナックル
左の本務機はSINKYO 右の次位はKATOナックル

お求めはコチラ 新ロットまだまだありますね



エンジンのアイドリング音が聴こえてきそう・・・

新ロットが買えない負け惜しみみたいな記事になってしまいました(笑)
新ロットはM-13モーターが採用され、車番は車体に綺麗にはまるよう金型が変更になっています。これだけでも入線させる価値がありそうですが・・・まだまだM-9モーターが動くうちは頑張ってもらいます!

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

  1. クモハ489-901 より:

    こんにちは。
    こちらは1日日曜日から、まとまった雨が降っていません。
    降らないのは助かりますが、梅雨時が心配ですね。
    ブルートレインから貨物列車まで、
    はたまたJTから工臨まで、DD51は
    幅広く活躍してますね。
    北海道からは「星」のDD51どころか、「赤熊」まで居なくなって、
    複雑な状況ですね…。
    EF65からバトンを受け取り、
    「神の國」へ結んでいた「出雲」。
    1度きりの出会いでしたが、
    その後の人生の節目に立っていた列車として、一生涯忘れてはいけない存在になりました。(笑)

    • クモハ489-901さま

      こんにちは
      いつもコメントありがとうございます

      出雲は定期的に走らせたくなる列車です。
      PFかDD51かで迷うのですが…今回は橙が素敵なDD51にしてみました。
      神々しいですよね~
      もう少し活躍して欲しかったです。

タイトルとURLをコピーしました