閑話小話 324 春の季節に 北王子貨物線とDE10

皆さま おはようございます

今日明日はお休みいただきます。
またドコモショップに行く用事があるのですが、それ以外はノンビリする予定です。せっかく駅前まで行くので美味いものゲットして一杯やりたいですね(笑)

さて今回ですが、この季節になると思い出す北王子貨物線です。以前、近くに住んでいたこともあり話題にする貨物支線なんですが、桜並木が見事で春はよく散策したものです。

北王子線

貨物更新色も原色に負けない秀逸なデザインと思います

田端の信号場と北王子駅(貨物線)をまで僅か数kmの貨物支線で、王子製紙(現日本製紙)の倉庫まで結んでいました。2014年に廃止されていますが、直前までDE10がコキの10両編成を1日確か4往復していたかと思います。周りは住宅地で踏切が数か所あり、DE10の先頭デッキには監視役の係員が安全確認を行いながらゆっくりと走っていました。

荷は東北で製造された紙で、倉庫に運び入れては「かみの街」王子の各印刷会社に納入されてことと思います。DE10が到着するとすぐさま切り離され機回しされ、荷下ろしが済んだ別のコキ*10両編成に連結され田端へと引き上げていきます。日通のロゴが入った可愛らしい?スイッチャーが1-2機いましたね。荷は紙なので相当な重量でしょう・・・コキの編成をプラットホームと留置線に入れ換えています。

その北王子駅ですが、留置線に沿って桜並木なんですね。春に桜が咲き誇るとそれはまた見事で、撮り鉄さんがいや、鉄分の少ない方でも撮りたくなる光景かと思いますね。
画像検索してみてください・・・素晴らしいです。

DE10 再生産ですね お求めはコチラ

3軸台車が力強さを感じさせます

模型について

この紙運搬のコキ50000*10両編成を再現したくTOMIXので再現しています。当区では専用編成としてはいないのですが、石北本線のたまねぎ列車といい使い勝手のいいコキ50000であります。載せるコンテナはJRFマーク入りの19Dがほとんどで再現しやすいんですよね。DE10は貨物更新色ですが、新鶴見所属ナンバーで旋回窓なし、スノープロウありと仕様に拘ったものにしています。ナンバーの切り出しが難しく、仕上げが悪いために近くで見れないのが難ですが・・・雰囲気重視としてください。

TOMIXのDE10は軽量ですが5軸駆動でトルクはあるようです。駆動音はそれなりに出ますが、それがディーゼル機関車っぽくていいかもしれません。コキ*10両は楽に牽けますから、ノンビリと走らせるには最高の編成です。単線もよし、幹線でJR通勤型との併走もよし、大きなヤードに留置するもよし・・・模型的にも扱いやすいのです!

入換機としてだけでなく本線運用としても楽しめるDE10でした。

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに~

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

  1. かずくん より:

    おつかれさまです。
    私事ですが…先日、私が2017年に購入したトミックスのDE10のダイキャストが腐食崩壊してました。表面が剥離したような状態になり亀裂がいくつも入っていて膨張、変形が発生しておりプラの留め具をはずしたら片側のダイキャストはポッキリと折れていました((( ;゚Д゚)))ダイキャストに不純物が入っていてそれが酸化に伴い膨張しのが原因かと思いますが10年持たずに廃車になってしまいとてもショックでした(泣)
    トミックスだけに限った話なのかどうかはわかりませんがどうかご注意ください。
    参考情報がてらのご報告です。

    • かずくんさま

      おはようございます
      コメントありがとうございます

      ダイキャストの腐食ですか・・・そんなことがあるんですか。
      錆による膨張なんでしょうか?メーカーに言った方が良さそうですね。
      ボディを外してまでチェックしていないので、ちょっと怖いです・・・

タイトルとURLをコピーしました