Nゲージ 1924 285系「サンライズエクスプレス」グレードアップ

皆さま おはようございます

もう9月も中旬ですね・・・朝晩が冷気を感じるくらい涼しくなりました。
晩酌してから死んだように寝るのが気持ちよすぎて、ついつい寝坊しそうになります(笑)
模型いじりもコツコツと進めていまして、今回もちょっとした作業を行いました。

285系「サンライズエクスプレス」へのスノープロウ取り付け他です。Re-Color製の小さなパーツですが、台車とスカートの間を埋める見た目に効果的なパーツだと思っています。

スノープロウがつくと台車周りが賑やかになります

Re-Colorパーツをさっさと取り付ける

当区のKATO 285系 サンライズエクスプレスは旧ロットのため、何度かの近代化?工事を受けてきました。ヘッドライトのLED化や内装施工、Wパンタ化、連結器カバーと電連装着と、塗装や表記類こそ新ロットの方がいいでしょうが、それに負けないくらいAssyパーツを施しています。今回は施しは、クハネの台車にマウントされているスノープロウが模型は省略されていますので、再現すべくRe-Colorのパーツを取り付けます。

TOMIX「さよなら出雲」にセットされるDD51のカプラーも、通常品を次位に従えて重連運用も想定していますのでRe-Colorのソケットに付け替え車間短縮を狙います(先日、北海道色のDD51に同じパーツを取り付けており良い感じの車間に仕上がりました)。実は北海道色に取り付けたカプラーソケットですが上下逆に取り付けていたことが判明しました。今回の出雲機は正確に取り付けることができました。ちなみにEF65-1000は、ほぼ「出雲」専用機で単機運用ですからTNカプラーのままとなっています。

この車間ですよ・・・タマらないですね!

お求めはコチラ




「出雲」の顔が揃いました

最近は3Dプリンターを駆使した良いパーツが出てきていますので、車両のグレードアップにいいですね。当区ではスノープロウを中心に取り付けておりますが、車端装置もいいものがありますので考えていきたいと思います。KATOやマイクロエースは表現されているのですが、少し前までのTOMIXはスカスカですからね・・・台車・カプラー周りが詰まって見えるとカッコいいですよね~。

たまたま新車入線が続きましたが、今後も既存車両のグレードアップがメインの作業となりそうです。面白いパーツはどんどんとご紹介していきたいと思います!

今回はこの辺で・・・
次回もお楽しみに~

鉄道にまつわるトピックス

オススメの鉄道・模型イベント

コメント

タイトルとURLをコピーしました